走る 脇腹

コラム
Pocket

先日仕事帰り、電車の時間がすごく絶妙な時間だったので、ちょっとだけ走ってみました。
間に合うのがわかった時点でまた徒歩に戻したのですが、その刹那、久々にあの感覚が。

子供のころ、体育の授業やそれ以外でも、走ると脇腹が痛くなった経験は誰でもあると思います。
特に男子、基本やたらと走り回るので、よく経験していました。

さてあの走ると脇腹が痛くなるやつ、いったいなぜ起こるのか、ちょっと調べてみました。
ですがいろいろな意見があり、どれがほんとかいまいちわからない。
とりあえず紹介してみます。

●横隔膜の痛み
しゃっくりの原因以外では耳にすることがない横隔膜、それが痙攣して痛くなるとのこと。
また肝臓と横隔膜はつながっているので、走って体がゆれることで横隔膜が下に引っ張られて痛くなることもあるのだとか。
これが原因の場合、肝臓は右半身に重心があるので右わき腹が痛くなるようです。

●脾臓からの血液
運動をすると、体中の細胞が酸素と血液を必要とするため、それを一気に送る役割を脾臓(ひぞう)が請け負います。
急激に流れ出すことで、それが痛みになるようです。
脾臓は左半身、左わき腹が痛くなると、これの可能性が高いようです。

●腸内に溜まったガス
腸内のガスが、運動することで体の上の方上がってきて、それが腸の曲がり角で停滞することにより内臓が圧迫される、これにより脇腹が痛くなるようです。
曲がり角は左右どちらにもありますので、どちらでも起こりえます。

今回は左わき腹が痛くなったので、おそらく脾臓によるものでしょう。
当然ウォーミングアップなんてしていませんし、日ごろの運動不足が露呈した感じです。

食べる量とかお腹の出具合とか、やっぱりそこかしこに歳って感じますねぇ。
健康に関して今まで興味を持ったことすらないけど、早死にするわけにはいかないので、ちょっとは意識も必要なのかも。
これから夏ですし、意識して汗かくようなこともやってみようかなと思いました。