カラーバス効果

コラム
Pocket

さて本日12月25日はメリークリスマスの日。

クリスマスといえばチキンとケーキがどこに行っても売ってあるものだ。

道行くカップルも、どことなくいつもより楽しそうに見えるのは気のせいだろうか。

 

さてクリスマスといえば、先にあげたようにチキンにケーキにカップル、あとはサンタクロースなどなど、連想されるものは多くある。

この中でもカップルとサンタクロースから連想できる赤色、これを題材に今日は少し科学的なことを書こうと思う。

 

いつもと同じ道を歩き同じ電車に乗り、いつもと同じように時間を過ごしているとする。

だがクリスマスが近づくと、なぜかやたらとカップルが目に付くようになることがある。

あっちにもこっちにもむこうにも、気が付けばカップルだらけじゃないか、なんて経験はないだろうか。

またサンタクロースは赤い服、というところから、赤い服を着た人がやたらと目に付く、なんてこともあるかもしれない。

 

これが今日の表題にある、「カラーバス効果」だ。

英語表記だと、「color bath effect」、bathは浴びるということから、色を浴びるということになる。

つまりは、何かを意識すると、それに関するものがやたらと目に入ってくるということ。

車を買い替えようと考えている人なら、次の候補の車がよく目に付くことだろう。

引っ越しを考えている人なら、引っ越し業者のトラックが急に増えるかもしれない。

来年は戌年だ、ペットショップが目に付くようになるかもしれない。

 

こういうように、何かを意識するとそれが自然と目に入ってくるようになる。

そしてこれは同時に、人は普段目の前の光景にあまり意識をしていない。

見たいものしか目に入れていない、ということになる。

例えば腕時計を見てみよう。

さて、文字盤の色は何色ですか、即答できる人はそうそういないはずである。

 

だが逆にこんなことも言えよう。

例えば腕時計の話になるが、見てくださいとだけ言われたにも関わらず、何時でしたかと聞かれたら、おそらくほとんどの人が答えられるのではないだろうか。

まったく意識をしてなくても、必要と思う情報は無意識のうちに手に入れているのだ。

 

ということは、日常に少しだけ今よりプラスの意識を持つことで、無意識のうちに手に入る情報は無限に増えるのではないだろうか。

人間の脳は死ぬまでに使わない部分のほうが圧倒的に多いという。

入ってくる情報が必要か不必要かはあとで判断すればいい。

とにかくいつもより少しでも周りに意識をやることができれば、もしかしたら人生が豊かになるかもしれない。

 

クリスマスが終われば今度はお正月がやってくる。

さて、みなさんの目には何が飛び込んでくることだろうか。