歯ブラシのタイプについて

便利道具
Pocket

歯ブラシっていろんな種類がありますね。

毛先の硬さやネックの形状にヘッド部分の大きさなど、人それぞれ好みは分かれるところです。

自分は普段はかためを使っているのですが、どうやらかためというのは、筋力の弱った高齢者などのために作られているとか。

普通の健康な人がかためを使うと、歯や歯茎を痛めるおそれがあるようですね。

そんな選び方があったとは知らなかったので、今あるぶんが終わったら次はふつうでいってみようと思います。

 

ちなみに今使っているのは、安くなっていて買ったヘッドのブラシ部分がコンパクトタイプのもの。

口の奥まで届きやすいとのことですが、これが自分にはまったく合いません。

コンパクトしか使っていない人だと大丈夫だと思うのですが、普段そうじゃない人がコンパクトタイプを使うと、とにかく歯を外して口の中に当たりまくるんです。

おかげで毎日のように口の中に傷を作り口内炎のように痛いw

掃除用に回して普通タイプのものに変えればいんですが、なんせ貧乏性なもので使い切らないと気が済まないw

もう少し頑張ってみようと思います。

 

ちなみにやわらかめというのは、歯周病などの影響で歯茎が弱っているときなどに向いているようです。

また健康な状態に戻ったら、ふつうに戻すのがいいみたいですね。

 

ちなみに歯ブラシの耐久のためにかためを選んでいたというのもありますが、長持ちさせるために重要なのは硬さではなくコシなんだとか。

いわれてみればそんな気がしますね。

 

調べてみるとこれがどうやら人気のようです。

毛の素材もしっかりしたもののようですし、それでいてこの価格帯というのがすばらしい。

次買うとしたらこれでしょうか。