日本発の常識破りの真珠

大人の遊戯
Pocket

日本で唯一とれる宝石である真珠。

それだけあってか、宝石の中でももっとも身近に感じる存在な気がします。

そして色は白や黒がほとんどで、形やデザインは球体のみというイメージでした。

 

そんな真珠業界に、日本の宝石研磨会社「小松ダイヤモンド工業所」が、新たな息吹を吹き込みました。

ダイヤモンドのカットを取り入れ、これまで球体一色だった真珠にデザインと光を施したのです。

 

他の宝石が石であるのに対し、真珠は貝の体内で生成されるバイオミネラル。

石はどこまで削っても石ですが、真珠が削れるのは表面の1mm程度。

それゆえ職人の精度の高い技術が要求されるようです。

できあがった真珠は「華真珠」としてすでにポジションを確立しており、会社は次の構想に着手しているようです。

 

ダイヤモンドのカッティングといえば、ブリリアントカット。

2019年に節目の100年目を迎えます。

技術というのは常に進化していくもの。

次の100年のスタンダードになるものが、日本から考案されるとすごいことですね。

小松ダイヤモンド工業所に期待したいと思います。