米17歳 五輪史上初快挙

ニュース
Pocket

どうもオリンピックのネタが多くなってしまうが、それも四年に一度の祭典だから仕方なかろう。

男子フィギュアスケートで、五輪史上初の快挙が達成された。

 

米の17歳のジョウ選手が、五輪史上初の4回転ルッツに成功したようだ。

ジャンプにはいろんな種類があり、トリプルアクセルを筆頭にルッツやサルコーなどがある。

自分は詳しくないためすべて同じに見えるのだが、オリンピック史上初となると、それがいかにすごいことなのかというのがわかる。

点数も自己ベストを更新したようで、まさに大躍進といったところだ。

17歳、まだまだこれからの選手である。

四年後のオリンピックの舞台、そしてこれからの競技人生、いったいどんな大物になっていくのか、非常に楽しみである。

 

そして男子フィギュアといえば、日本の羽生選手だ。

昨日の公式練習には超長蛇の列ができるなど、海外にいってもその人気はとどまるところを知らない。

 

そして先ほど、ノーミスで演技を終えた。

まさに圧巻の滑りといったところである。

これほど注目されているのだから、プレッシャーは尋常なものではないだろう。

スケートの技術という点ではあまりわからないのだが、その度胸にはほんとに恐れ入る。

こんなにも若い好青年が、スケートの技術とメンタルを両立させている。

ほんとにすばらしい。

メダルに期待しつつ、思いきり自由に演技をしてもらいたいと思う。