乳酸菌ショコラでバレンタイン

美味いもん
Pocket

今日2月14日はバレンタインデー、チョコレートの日だ。

女性から男性にチョコレートを贈るのが日本流で、現代では逆チョコとよばれる男性から女性にというのもあるようだ。

 

さてチョコレートいえばとにかく多くの種類があって目移りしてしまう。

一年に一回のバレンタインデーだから、いわゆる本命チョコは普段は口にしないいいものというのがあるかもしれない。

一方でいわゆる義理チョコや友チョコというのは、手軽に買えるものがいい。

 

最近テレビCMや街頭広告でもよく目にする、ロッテの乳酸菌ショコラ。

腸環境の改善に役立つ乳酸菌T001というのが注目されている。

チョコレートでありながら、機能性表示食品の称号も得ている。

 

乳酸菌というと乳製品に当然含まれるのだが、口にして実際腸まで生きて届くのはほんとうに一部といわれている。

この乳酸菌ショコラは、チョコレートでコーティングすることにより、T001を生きたまた腸まで届けられるというわけだ。

またアーモンド入りのものやボール型のものまで、様々なバリエーションでラインナップされている。

 

甘いものを食べすぎると罪悪感が、カロリーが、というのはよく耳にするが、乳酸菌が摂れるのなら気にすることはあるまい。

バレンタインだから、というよりも、日常から意識して食べていきたいと思う。