世界最小の国・バチカン市国

ニュース
Pocket

バレンタイン前の三連休、なにかと世間はあわただしいのではないか。

自分にはあまり影響がないのだが笑

 

さて、バレンタインといえば世界中で共通のイベントで、日本ではチョコレートを贈るのが一般的となっている。

義理チョコという文化も日本独自のもので、業界の戦略勝ちといったところだ。

 

バレンタインといえば恋人と過ごす日、それはバレンタインデー発祥の愛の国イタリアでも同じようだ。

イタリアではチョコレートや女性から男性という決まりはなく、主に男性から女性で、人気のプレゼントはバッグなのだそうだ。

恋人の日ということもあり、もちろんホワイトデーというのも存在しない。

 

そんなイタリアの首都、ローマに国土を持つバチカン市国。

地理の授業で習ってその名を知らない人はいないであろう、世界最小の国である。

最小ではあるが、キリスト教のカトリックの最高権威者である教皇の国として、世界中に広くその名を知られている。

そして今日、2月11日は、バチカン市国が成立してから実に89年になる日だという。

国としての歴史はまだまだ浅いが、これからも広く知られる名前だろう。

 

さて、世間ではバレンタインの準備に大忙しだろう。

おいしいチョコレートというのは、限定といわずいつ食べても癒されるものだ。

おこぼれがあれば、ぜひいただきたいものである。