都内でも大雪

便利道具
Pocket

またまた大寒波到来で、日本列島が寒さに震えている。

先週の春の気配すら感じる暖かさが一変、今週はまた真冬になってしまった。

あのまま春が来るのでは、という淡い幻想は見事に打ち砕かれた。

 

日本海側だけでなく、東京をはじめとした関東でも大雪になっている。

飛行機、電車、高速道路、あらゆる交通機関に規制がかかり、人があふれかえっているのではないだろうか。

自分ならこういうときは、早々にあきらめて近くに宿泊をすると思う。

単身者の特権ともいえる臨機応変な対応だ。

前にこのブログでも紹介した、複合カフェの「快活CLUB」で決まりだろう。

 

こんな天気の日には街行く特に女性に長靴の人が多くなる。

自分の幼少期といえば、長靴はダサいイメージしかなかった。

色も派手な黄色か地味な黒しかなく、たとえ雨で濡れても普通の靴でいきたかったものだ。

 

しかし時代はずいぶん変わり、長靴さえもおしゃれアイテムにしてしまったのだ。

提唱者は先見の明に長け、実に勇気のある行動だったのだろうと思える。

 

自分は去年、長靴を一緒に買いに行った。

すねのところにアルファベットのBの文字が入ったもの。

雨の中での安心感が確実であることを、パッと見ただけでわかるほどしっかりした作り。

それもそのはず、野外が活動場所の日本野鳥の会の長靴だ。

紅白歌合戦だけじゃなく、日常生活でもお世話になるとは予想もしていなかった。

 

大雪となると気温も急激に下がり、体の動きも固くなる。

慣れない環境下でなにかとたいへんなことも多いだろうが、これが終わればおそらく春の兆しが見えてくるのでは、という期待を胸に乗り越えたいと思う。