快活CLUB

コラム
Pocket

街行く人々の数や空気感が一気に変わり、多くの業界で年内仕事納めになったのだろう。

そのまま大掃除や忘年会の人も多いことだろう。

 

さてこんな時期だからこそ、終電を逃してしまう人も多くでてくるはずだ。

そんなときにオススメなのが、駅近くのネカフェ、ネットカフェである。

個人的な見解だが、一昔前まではなんとなく微妙な場所であったように思える。

しかし現代では複合カフェなどとも呼ばれるようになり、施設や設備も非常に整っているところが増えてきた。

 

バイクでのちょっとしたツーリングは、夜に走ることも多く時間的に不規則なことが多いため、ホテルよりもネカフェを利用している。

ただしどこでもいいのではなく、自分は決まってお気に入りの「快活CLUB」にしている。

 

西日本でいくつかの府県で立ち寄ったが、どこにいってもまずは受付の店員の質が高い。

行くのは大体真夜中であるが、言葉は悪いが、しょせんはネカフェ、というのがまったくないのである。

どこに行ってもそれが徹底されているというのは、まさに企業努力でありほんとに感心する。

 

そしてフードメニューも充実しており、季節限定メニューもありなかなかにおいしい。

例えばナイトパックと食事となると、3,000円近くになりネカフェとしては割高な気がする。

ただそれを感じさせない、ネットと漫画が見れる宿泊施設と食事というイメージなのだ。

定期的に行く旅先はもちろん、新しいところにツーリングに行く際は、快活CLUBを宿泊の拠点として選んでいるほどお気に入りだ。

 

さて、終電を逃してしまったあなた、ほんの数時間だけだし別にどこでもいいかもしれない。

だからこそもし近くに快活があれば利用してもらいたい。

回し者ではないが、オススメできるものは人に教えたくなるものである。