年賀状

ニュース
Pocket

1年とはほんとに早いもので、残すところあと2ヶ月ちょっと。

そういえば初詣まだ行ってないなぁ、、と思っていたのがついこないだのことのよう、は言い過ぎか。

今日ポストに年賀はがきの早期申込書が入っていた。

メールやラインの時代になり、年賀状には賛否両論があるようだけど、やっぱり新年といえばこれがしっくりくる。

しかも1月7日の投函なら年賀明記で52円で送れるという。

今やデザインから発送までを受け持つ業者もあるけど、やはり特別な人には手書きで送りたいところ。

すべてではなくてもなにか一言メッセージがあると嬉しくなるもの。

そして年明けのお年玉抽選も楽しみのひとつだ。

実家時代から数えてもふるさと小包が一度だけ以外は全部切手シートだが、やはり当たるというのはうれしいもの。

2018年は戌年といことで、十二支の中でも最も身近な動物だ。

ほんとの年の瀬になると、仕事も忙しくなり年賀状はついつい後回しになりがち。

特に遠方の方への便りは前もって書いていきたいと思う。

旅は準備の段階が一番わくわくするという。

年賀状もそれに近いものがあるのではないか。

普段なかなか会えない人への便りなら、一言メッセージを書きながらきっとその人のことを思い浮かべているはずだ。

懐かしのあの人に、新年のあいさつをきっかけにまた会えればと思う。