大阪の地震に本震の可能性

Pocket

昨日大阪で起こった地震、震源に近い高槻や茨木では停電などが続いているようです。
また各地では水をはじめとした食料が軒並み欠品に。
みなが備蓄のために買い求めています。

というのも今回の地震、いわゆる前震である可能性があるとのこと。
東北や熊本で大きな被害を出した大地震では、一番大きないわゆる本震の2日前に前震というのが来ています。
その前震も十分に大きかったため、それで終わったと思われていたのが被害の拡大につながったのだとか。
今回の地震がもし前震であったとしたら、後日さらに大きな本震があるはずです。
同じように2日後だとしたら明日がその日になるわけです。

これはあくまで可能性であり推測ですので、実際のところどうなのかということはわかりません。
詳しく調査をすればわかるのかもしれませんが、それには時間が足りません。
ですので悪い可能性を視野に入れておいて対策や準備をしておくのが得策でしょう。

何が正しい情報なのかということはわかりませんし、わかる必要もないと思います。
想定できる範囲のことに対してできるだけの対策をしておく。
なにも起こらなければよかったね、これでいいのではないでしょうか。

今回の地震のあとコンビニやスーパーはもちろん、ホームセンターなどの水を売っているところでもすべて完売状態になっています。
これから起こりうる本震に対しての備えというわけです。
こういった時は決まって買占めや転売などが問題になりますが、普通の感覚で普通の行動をしてほしいものです。

今回の地震、仮に大阪北地震とするならば、いわゆるXデーは明日ということになります。
さらにいろんな情報が飛び交うでしょうし、ほんとに正しい情報がどれなのかというのもわかりません。
またこういう状況ですから、判断力というのもいつもよりは鈍っているでしょう。
過敏になりすぎず、それでいて確実に情報を取る。
いつも以上に冷静になって、身も心も備えましょう。