デロンギ オイルヒーター

家電
Pocket

台風の中休みで天気がいい日が続いている、が、やはり気温は低く、近年では貴重な秋という季節はあっというまに過ぎ去りそうだ。

冬がやってくる、冬のボーナスもやってくる。

ぱぁっと贅沢に一気に使うのもいいかもしれない。

一方で、欲しかったあの商品を手に入れる、という身近で堅実なのもある、いやむしろこっちだろう。

寒い冬を少しでも快適に過ごせるよう、冬物家電を手に入れるチャンスだ。

冬物家電といえば、ストーブなどのあったか家電だ。

暖房に、石油・電気・ガスストーブ、こたつにハロゲンヒーターに、、といろいろあるが、オイルヒーターというとちょっと高級感がある気がするのは自分だけだろうか。

ほんとの雪国では超定番アイテムではあるが、日本全体でみるとまだまだ特殊家電ではないだろうか。

その長所は、空気そのものを温めることにより、部屋全体が温かくなること、そして空気の汚れや乾燥が一切関係ないことだ。

一方で短所は、本体そのものが熱を持つため、お子様がいる家庭では少々注意が必要だ。

そして即効性のなさがあがる。

朝起きて寒いからスイッチを入れる、では布団から出るきっかけを与えてはくれない。

やはり即効性という点では電気系にはかなわない。

ただ徐々に本領を発揮してきだすと、もはやなにものもかなわないのではないか。

オイルヒーターといえばデロンギ、のイメージはやはり自分だけなのだろうか。

日本語にはない単語と言葉の響きも手伝い、なにやらすでに温かく感じる、は言い過ぎか。

品質で選ぶとやはりメイドインジャパンなのかもしれない。

だがせっかくのボーナスだ、いや、ボーナスがなくても1年の締めくくりだ。

雰囲気とイメージで海外製品を選んでみるのもたまにはいい気がする。