ニンジャ650

タイヤのついた乗り物
Pocket

高校時代の自転車通学が片道1時間だったため、大学時代も自転車があればどこでも行ける感覚がありました。

札幌から千歳や門別、定山渓温泉、支笏湖、今思えばなかなかのことをやっていたなと思う若かりし日々。

 

そしてその時に出会ったのが原付という存在。

自転車のように気軽でありながら、その機動力ははるかに自転車を凌駕します。

ミッションの原付、YB-1で、当時は札幌から新潟や岩手まで足を延ばしたものです。

これまた今思えば延ばしすぎ、よくやったなと思います。

 

そしてさらにそこで出会ったのが、同級生が乗っていた250CC、いわゆる中型バイクです。

ST250、その後ろに乗せてもらったとき、バイクの感覚がさらに振り切れました。

札幌から東北はもちろんのこと、地元の兵庫まで1,500km完走もしたこともあり、またやってみたいような無理なような、でもやっぱりまた長距離ツーリングをしたいなと思う今日この頃です。

 

そして最近、会社の人にツーリングに誘われていて、春には一度行こうと思っています。

その人は1000ccの大型バイクです。

見るからに走りそうなそのボディ、見ただけでわかる機動力など、またひとつ上への願望が開き始めています。

 

そしてあるネットで見つけたある大型バイクの試乗レポート、ニンジャ650。

難しいことはわかりませんが、とにかくかっこいい!

ETCも標準装備とあり、ツーリングにもってこいです。

しかも車体重量やシートの高さなど、小さめの自分には取り回しの良さも魅力的に感じられました。

 

ツーリングに誘われた際、大型のうしろにぜひ一度乗せてもらおうか迷っています。

乗ったら確実に欲しくなることがわかっていますので笑

 

これからツーリングの季節がやってきます。

大型免許も視野に入れつつ、思いきり楽しみたいですね。

やっぱり新車がほしいけど、中古車も視野に入れつつか。